TAKINAMI THEATER

これからの季節のお楽しみ 「こだわりの熱燗」をご用意

2019.10.28

寒さが厳しくなってくるころ、当館の夕食での楽しみ
ちろりで楽しむ こだわりの熱燗

6号酵母熱燗ナイト参加の酒蔵から、2種類の熱燗をご用意しました。

※2019年10月15日開催 ” 全国6号酵母サミット はなれ「燗・極まる」” でご提供した日本酒(一例)

 

 

仁井田本家の田村(福島県郡山)
喜久盛酒造タクシードライバーあらばしり(岩手県)

どちらも、温度と作り方にこだわりがるお酒。
スズ製の『ちろり』を湯せんで温め、そのお酒が最も美味しい温度でお出ししております。

田村/65度まで上げて一旦50度まで冷やし余計なアルコールを飛ばした後に、60度に上げてお出ししています

タクシードライバー/一気に70度まで上げてお出ししています。

 

口に近づけた瞬間の香りからそれぞれ異なる熱燗、その味わいも、同じ日本酒でもこんなに違うのか!と感動してしまいます。

2つのお酒の違いを飲み比べていただくのも楽しいひと時です。