瀧波Blog:置賜三十三観音について パート3

2014年8月17日

瀧蔵くん: 瀧波の初代が私、瀧蔵とおなみですが、2代目は勝太郎・そめ夫婦で、このおそめは置賜三十三観音をよく回り、巡礼していたんだぞー。

おナミちゃん: 置賜三十三観音の十二番札所「若松観音」は赤湯観音とも呼ばれ、赤湯の旅館の主や女将達は様々な寄進をしていたそうです。ウフフ。

ご宿泊予約お問い合わせ

facebook山形県 赤湯温泉 いきかえりの宿 瀧波  〒999-2211 山形県南陽市赤湯3005  TEL:0238-43-6111 FAX:0238-43-2601  Copyright© TAKINAMI