ご予約検索
ご宿泊日 / /
ご宿泊人数
あやめまつり / 山形を見る・遊ぶ⑳


総面積3.3ヘクタールもの敷地内に、500種・100万本のあやめが咲き誇る長井市の「長井あやめ公園」。

1910年、金田 勝見氏 が杉林を伐採した跡地を開墾して茶屋を開き、その庭先に野生のあやめ数十株を植えたのが始まりとされています。

 

あやめは日本固有の名花で長井市の市章にも起用されており、100年以上にわたって市民に愛されてきた、品種・歴史ともに国内有数のあやめ園です。

 

⻑井市は市内を最上川が縦断しており、飲み水も美味しく「水の郷百選」にも選ばれている水の都。

清らかな水が四方に行き渡る園内では、随所に紫や白、青の可憐な花々が楽しめます。

 

1962年に発見された「長井古種」と呼ばれる、ここでしか見られない長井固有の品種も存在。

全部で34種あり、その内の13種が市の天然記念物に指定されています。

 

園内のあやめには種類毎に名札が付いているので、「朝日の峰(あさひのみね)」「紬娘(つむぎむすめ)」「出羽の水無月(でわのみなづき)」等、名称の美しさも楽しみの一つです。

 

例年開花時期となる6月中旬~7月上旬にかけて開催される「あやめまつり」。

2018年は6月15日(金)~7月8日(日)を予定しており、期間中はあやめ苗や地元の名産品を販売する屋台やステージイベントなど様々な催しが行われ、毎年20,000人を超える観光客が訪れています。

 

まつり期間中のみ、入場料(大人500円、小人200円)が必要です。

 

 

住所 山形県長井市横町5-1

電話 0238-88-1831 やまがた長井観光局

営業時間 あやめまつり期間中 9:00~18:00(一部夜間営業20:30あり)

休 年中無休

駐車場 約200台 

 

 

瀧波から車で約30分