ご予約検索
ご宿泊日 / /
ご宿泊人数
赤川花火大会 / 山形を見る・遊ぶ㉔


山形県の日本海沿岸、庄内(しょうない)地方南部に位置する鶴岡(つるおか)市で、夏に開催される「赤川花火大会」。
1991年に第1回が開かれ、2014年には「日本の花火100選」ベスト10に選ばれました。
例年30万人以上の観客が来場する、全国でも屈指の花火大会です。

 

この大会の特徴は、全国花火競技会として、日本でここだけの競技が繰り広げられているところ。
日本でもトップクラスの花火師たちが、自慢の技で仕上げた選りすぐりの花火を打ち上げます。

 

競技内容は、伝統的な技術を競う割物花火の部と、音楽との連動等が審査基準となるデザイン花火の部の2部門。
赤川の広い河畔を活かした打上げ場所の全長は、約2,000mにもおよびます。

 

競技で使用が許されている花火は、最大で7号玉(直径20.5㎝・重さ約3kg)。
7号玉を打ち上げると上空250mまで昇り、開いた時は直径240mまで広がります。
花火師たちの個性が色鮮やかに、盛大な音や光と合わせて表現される光景は、圧倒されるほどの迫力です。

 

華やかな競演を締めくくるエンディングでは、10号玉や20号玉といった大玉も。
上空での最大打上げ幅700mを誇るワイドスターマイン(連続打上げ)が、夜空を飾ります。

 

司会者と来場された方で声を合わせたカウントダウンからオープニングが始まるなど、和気あいあいとした親しみあふれる雰囲気も、魅力の1つです。

第28回を数える2018年は、8月18日(土)19:15~21:00(オープニングは18:45~、少雨決行・荒天中止)を予定。

サブタイトルは“『誇り』~こころゆさぶる感動花火~”と掲げられています。

 

 

会場周辺図や当日の交通規制は、こちらのサイトをご確認ください。

http://akagawahanabi.com/?page_id=579

 

 

開催場所 山形県鶴岡市赤川河畔(羽黒橋~三川橋間)

電話 0235-28-1873 赤川花火大会実行委員会

駐車場 臨時駐車場 約3,000台(鶴岡中央工業団地・鶴岡東工業団地・無料)

 

 

瀧波から車で約130分(一部有料道路使用)


画像協力:花火.Collection