ご予約検索
ご宿泊日 / /
ご宿泊人数
『家庭画報2月号』に取り上げていただきました

おかげさまで、12月28日発売の家庭画報 2月号に取り上げていただきました。

感動の『温泉宿』へ~
「全室”源泉掛け流し”の個性的な露天に浸かる」

選ばれた錚々たる他の九軒の旅館には及びませんが、まことに光栄でございます。

以下、抜粋させていただきます。

「蔵王石の湯船にたたえられた生まれたての極上の湯、山形座 瀧波
好きなときに、ほかの宿泊客に気をつかうことなく、何度でも新鮮な湯に浸かる贅沢」

「山形で生まれた文化、食材の豊かさを新たな形で届ける。
築四百年という欅の一枚板の重厚な門をくぐると、三五十年前に上杉藩の大庄屋屋敷として建てられた、東北特有の曲家の風格ある破風(はふ)に出迎えられます。
各部屋に備えられた露店風呂は、一階は天然の蔵王石をくりぬいた岩風呂、二階は檜風呂。
温泉はタンクに溜めず、加水せず、源泉からダイレクトに各室に届けられ、湯守によって常に四三度前後に保たれています。

スタイリッシュなカウンターが調理台を囲むライブキッチンスタイルのダイニングで供されるのは、地元置賜盆地の食材と、山形の伝統料理を軸にした旬の料理。
メニューは季節や月ごとではなく、旬に合わせて日々少しずつ変化します。
ハイライトは、目の前で炊き上げられる有機無農薬栽培のコシヒカリ。
一反に通常の半分の株数のみを植えて育てられた米は、粒が大きく、甘さや香りが口中に広がります。
昼と夜、夏と冬の大きな寒暖差が野菜や果物、肉類を滋味深く育み、掘ればたちどころに効験あらたかな温泉が湧き出すという、神に選ばれたかのごとく豊かな自然に恵まれた赤湯温泉。

生まれ変わった山形座 瀧波は、九二五年前から親しまれてきたこの歴史ある温泉地の、新たな楽しみ方を教えてくれます」

家庭画報様、誠にありがとうございました。

これからも皆さまに当館でのひと時をご満足いただけますよう、さらに邁進してまいります!