旬は一瞬にすぎていくもの。

だから「瀧波」には“季節の料理”や“今月の味”というのはありません。

刻々と変わる日々の香り・旬の食材が主役。

みなさまとの一期一会を大切に。

Discover YAMAGATA

ダイニング 「1/365」

「山形座 瀧波」のある南陽市は県の南部、置賜盆地に位置しています。
現在の正しい読み方は「おきたま」ですが、昔は「おいたま」と呼ばれていました。
ダイニング 「1/365」は、そんな“おいたま”の豊かな自然と食文化を楽しむためのレストランです。

主役は県内産の野菜。なかでも“おいたま”は無農薬有機栽培に取り組む農家の数が多く、
新鮮なオーガニック野菜を召し上がっていただけるのが強み。
安定した仕入れのために、独自のネットワークも作り上げました。
1年中とはいきませんが、おかひじきやうこぎ、雪菜など伝統野菜が登場することも。
ぜひその深い味わいを感じてください。

また、魚介は庄内から、メインディシュの肉は健康的に育てられた
赤身の牛肉、豚肉、平飼いの鶏肉などを、ヘルシーな調理法でお召し上がりいただきます。
使用している調味料はすべて天然醸造です。
> ご飯は、米・食味分析鑑定コンクールで金賞を連続で受賞している農家の有機無農薬栽培のコシヒカリや、
山形の新品種ツヤヒメなどを厳選しました。
実は置賜盆地は日本有数の米どころ。〆のご飯は、もうひとつのメインディシュです。

ジャンルにとらわれない「山形座 瀧波」の料理をオープンキッチンで、ライブ感とともにお楽しみください。