TAKINAMI THEATER

幻の日本酒『十四代』を飲み比べて楽しむ

2021.09.07

日本酒好きなら一度は必ず耳にしたことのある銘柄『十四代』。

酒どころ山形で生まれた、数あるブランドの中でも圧倒的な人気を誇り、入手困難な日本酒としても知られています。

“香り高く、フルーティーな日本酒“の先駆けとなった銘酒!十四代

幻の日本酒とも呼ばれる『十四代』は山形県村山市にある高木酒造が醸す日本酒です。
高木酒造の創業は1615年(元和元年)。
冬には深い雪に覆われる人里離れた地で こだわり抜いた酒米と山形の自然が育んだ美味しい水を使った日本酒を造り続ける老舗蔵元です。

日本酒好きなら絶対に押さえておきたい銘柄の一つ。

また、日本酒が苦手な人にも飲んでいただきたい、芳醇で深みのある味わいながら、山形の酒らしく鋭いキレがあり、洗練されたバランスに仕上がっているお酒。

当館自慢の日本酒のラインナップに『十四代』をご用意しております。

本丸・吟醸酒 ¥2,000
大吟醸酒 ¥3,000
特別酒 ¥時価
5種類程度ご用意しておりますので、お客様のお好みに合わせて当館ソムリエがご提案させていただきます。
※日によって取り揃えている銘柄が異なります。

山形の旬の味覚と共に ぜひご賞味ください。

back to top