瀧波Blog:置賜の宝との出会い パート5

2014年9月19日

瀧蔵くん:全5回にわたってお送りしている「置賜の宝との出会い」も今回が最終回だぞー。

 

おナミちゃん:私達も置賜三十三観音というすばらしい宝を改めて見つめ直すきっかけになりました。ウフフ。

 

 

(引用) 『置賜の宝を後世に!!』   「置賜三十三観音を勉強する会」会長 須藤 恭子

 

“汝の立つ所を深く掘れ そこに泉あり”

まさに、その言葉通りでした。

そして、私達は、更に、官・民・寺と三位一体の総合力でこのことに取り組もうとしています。このことが、私達の強みとして、何年後、何百年後もきっと、魅力ある観音様として、残っていることを確信いたします。

時は今、この時代、手を合わせ、東北の山形の置賜の大地に残っている、『宝』を後世に残していきましょう。

 

ご宿泊予約お問い合わせ

facebook山形県 赤湯温泉 いきかえりの宿 瀧波  〒999-2211 山形県南陽市赤湯3005  TEL:0238-43-6111 FAX:0238-43-2601  Copyright© TAKINAMI