瀧波Blog:西国三十三観音の歴史 パート2

2014年10月5日

瀧蔵くん:当時、巡礼に西国まで行くのは命がけの時代に、各地の信心深い方々が西国三十三ヶ所の砂を持って帰り、各地の三十三ヶ所にシャッフルした砂を撒いて、その地の三十三ヶ所を決めたという話もあるぞー。

 

おナミちゃん:昔は早く亡くなった子供や家族がその霊を鎮め、また巡礼した人々があの世で極楽浄土へ行けるように祈り、巡ったようですよ。ウフフ。

ご宿泊予約お問い合わせ

facebook山形県 赤湯温泉 いきかえりの宿 瀧波  〒999-2211 山形県南陽市赤湯3005  TEL:0238-43-6111 FAX:0238-43-2601  Copyright© TAKINAMI